HOME > あがり,緊張,対人恐怖,社会不安 カウンセリング


あがり、緊張、対人恐怖、社会不安 カウンセリング

 スピーチや試験、スポーツなどの大事な場面では「あがり」や「過度の緊張」の問題はよく起こりがちです。

「9割の人が人前での発表などではあがる」なんて言われていますので、程度の差こそあれ、誰でもがあがりや緊張は日常的に経験しているものといえると思います。

問題はそれがあまりに過剰になってしまうこと。

本来の持てる力をまったく発揮できないと、何とも言えない残念な気持ちになってしまいます。

そんな状況を回避するとともに、集中力や気力が最大になるような程よいレベルに緊張をコントロール出来たら最高ですね。

お話をじっくりとお聴きしたうえで、ご要望に応じて心身両面からの具体的な対応などについていろいろとご提案もいたします。

対人恐怖・社会不安といったものも、ある意味では「人に関わるあがり・緊張」につながるものといえるかもしれません。

よく言われることですが、あがりや過剰な緊張緩和の一番手っ取り早く有効な方法のひとつは「慣れ(経験)」!

心のコントロールに加えて、慣れの度合いを高める具体的な行動のご提案なども積極的にやらせていただきます。

考え方をちょこっと工夫して、出来る範囲で行動を起こしていくことで、不安や恐怖と上手に付き合っていけるようになる。

そんな状態に近づくきっかけとして、臨機応変にお手伝いさせていただきます。

こんな場合に

 □ あがり、緊張で実力を発揮できないことが多い

 □ 人に対して恐怖や不安感がある

 □ 緊張レベルを上手にコントロールして力を最大限に発揮したい

 □ 人とより密で深い関係を築いていきたい

 □ 不安や恐怖心とうまく付き合って、社会で大いに活躍したい

主な相談テーマ

 あがり、緊張、対人不安、対人恐怖、社会不安、コミュニケーション 等

具体的内容

 1.傾聴 (状況の確認、把握)

 2.思考や感情のコントロールなど心理面の提案

 3.具体的な対応・対処やリラクセーション法、コミュニケーション技法等の提案、実践

 4.その他、状況に応じて随時(医師へのおつなぎなども)